外の世界や他人は、自分の定義を映し出すための鏡:【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その06 [Part4]
行動不要論者 ◆Besd4/NoL.
だぜっち
箱テスト

459:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)17:34:03ID:I0n/4Ea40

よくこういうの信じてる女性って科学を否定して科学も宗教とかいうんだけど、
じゃ~科学がなかった太古の昔みたく呪術を信じろって事なのか?
科学って真偽を見極める道具じゃないの?

要は実証性なんてなくてもいいから、誰かが世の中こうなんだよって話したら
ただそれを信じろって事なのか?

科学は実証性求める時点で宗教や呪術とは違うんだと思うんだけど?


470:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)18:04:40ID:HMWwZMgm0

>>459
科学のベースは哲学だからな。
で、実証というと、たとえば重力があるということが今はかなり実証されているわけだけど、
初期の段階でニュートンは、自分の実験結果が全世界だけでなく、宇宙全体で通用すると
信じたんだよね。

この辺の実証されていないのに信じているという部分が宗教的と言えば宗教的なんだよ。
実際は宇宙の隅々まで行って測定して確認しなければ通用するかどうか分からないよね。
もしかすると地球周辺だけでの法則かも知れないしね。

にも関わらず純真に信じちゃったんだな。
とりあえずそれで生活の役には立てたから良いんだけど、でも、本当はもっと
違った理由で世界が動いているかも知れないよね。分からないけどね。

まあ、実際には過去に科学的に解明されたであろう事実よりも、
科学的に調べようとする姿勢の方が大切なんだな。

何事も決めつけず疑いを持ち続けて調べるという姿勢。
誰かが調べて学会発表しただけで信用せずにみんなで追試して確認して理解を深めたり
間違いを見つけ出したりすることが大切。というのは間違っているかも知れないから。

もちろん間違いかも知れないことは過去の科学的に解明されたであろう事実の中にも
混ざっているかも知れない。


477:箱テスト:2008/01/04(金)18:18:26ID:ct2kRPVx0

>>470
ちょっとだけ補足すれば、ニュートンの力学大系は「条件さえそろえば」
この宇宙のどこでも適用できる法則ですよねえ。

ごく微笑の世界や、超遠大な宇宙規模の事象とか、そういうんじゃない限り、
ニュートン力学という古典物理大系は揺るぎない法則でしょ。

引き寄せを科学的用語で説明しようと試みる人もいるけど、わたしゃそーゆー試みには
乗れません。今のところ、それらの論理はどう頑張っても破綻すると思ってるから。
だったら最初から、

「科学が解明されてる力とは別に、引き寄せという力、現象があるように思えます。
その原理は科学的には全く解明されてませんが、実用性はあるようです」

で、良いんじゃないですかねえ。


499:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)19:28:20ID:HMWwZMgm0

俺も引き寄せとかを量子力学当てはめたりして解説するのには賛成できない。
いずれ似非科学呼ばわりされることになると思う。無理に説明しようとせずに
分からないなら分からないと書けば良いんだ。リアトラみたいにさ。


506:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)19:40:19ID:9YWO2vDS0

私も、量子力学を水戸黄門の印籠みたいに使う本ってあんまり好きじゃないんだけどさ。
でも、あれ、単純に面白いぜ。学べば学ぶほどに。

(何がおもしろいって、科学のくせにまるでメチャクチャなんだよw)


483:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)18:32:51ID:I0n/4Ea40

こういう本って正直生きる為のモチベーション維持やうpの為のものだとおもう。
本当にそうなるかはその人の認知の問題で(信じやすさで)

基本は希望を持って生きようということだけだと思う。
マーフィーにしてもこういう本にしても、希望という物が引き寄せの法則とかに
代わっていわれてるだけだとおもう。


490:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)18:57:13ID:GTGBX2250

なんか勘違いしている人いるようだが、引き寄せは別にミラクルや望外の幸運をもたらす
だけのものではないんだよな。もちろん理論上はそうしたことも引き寄せられる
はずではあるが。

不運も幸運も、ささいなことも重大なことも、不思議なこともそうじゃないことも
みなあなたの身に起こったことは引き寄せの結果です、という考えだろ。

電車の席に座れるとか、安いパソコンを見つけたとか、仕事が嫌だと病気になって
仕事しなくてよくなったとか、常識や科学で説明が付くから引き寄せではないといっている
人いるが、そういう問題ではないんだよ。

常識や科学で説明の付くようなことが引き寄せられた。というのが引き寄せの解釈。
引き寄せという考えそのものが正しいのかどうかというのはまた別の問題だがな。


493:箱テスト:2008/01/04(金)19:02:11ID:ct2kRPVx0

>>490
ま、エイブラハム本やシークレットではそういう扱いだね。
それをよしとするかどうかは、各人の受け止め方次第でしょ。
引き寄せという単語の定義自体、ばらばらな状態にあるように思えるし。

自分としては、そうは思ってないけどね。
引き寄せを行っている力というのを、万有引力のようなものとして捉えるとは
とても思えない。


534:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:09:44ID:/auubMmq0

ところで行動不要論者氏は、いつになればマーフィーと引き寄せの違いを教えて
くれるのだろうか?


541:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:14:20ID:9YWO2vDS0

これ定期的に聞かれるなあw
正月あけに別スレで再開するよ。もう明けかけてるけど。

逆にきくけど、みんな両方ためしたことあるのかなあ?
どっちもトライしたことがある人なら、違いなんて一発でわかるような
気がするんだけどなあ。マーフィーは危険なくらいにあまりにも大雑把だよ。


544:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:17:26ID:/auubMmq0

マーフィーは自分の潜在意識という知覚出来ないものを相手にしなくてはならず、
そこが難しいように感じたな。しかし引き寄せの方は、自分の感情という
非常に分かりやすいものをナビゲートにすればいいということだったから分かりやすい。

という違いを俺は感じた。だが他の実践者の考えは分からん。だから知りたい。


555:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:24:18ID:9YWO2vDS0

それ、まちがってないよ。

私は最初「借金はすでに返しました!」と思い続けようとして、ますます額を膨らませた。
でも、本当に金に困っていない人はそもそも「借金」なんて単語は頭をかすめもしない。
同じ間違いをやってる人、けっこういるんじゃないかな。

だからLOAメソッドを使って、とにかく楽になる考えに思考を微調整し続けていったら、
一年もたたないうちに頭の中からも現実からもすっかり消しとんだんだよ。


557:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:28:10ID:/auubMmq0

ああ、やはりこれは重要なポイントだったのかw
マーフィー自身も借金を返すための祈りというのを書いて自著に載せていたはず。
眠りながら巨富を得る」という本に載っていた。

しかしLOAをやってもやはり借金解消までに一年近くはかかったわけですな。


562:箱テスト:2008/01/04(金)20:29:24ID:ct2kRPVx0

んーー。
LOAってこの場合はエイブラハム本のことかいな?
だとすると、マーフィと結構かぶってるような気もしますが。
ま、マーフィーがかなり強引な展開であることは認めます。w


566:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:31:34ID:/auubMmq0

マーフィーが祈りとか言葉やイメージングを重視するのに対して、
エイブラハム本はそうでもない。

自分の感情に気を配れ、というだけだろ。
俺にははるかにこちらの方が分かり易かったし、やり易かったな。


568:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:33:59ID:9YWO2vDS0

>>557
額が額だったからねえ……
ただ、わけのわからない展開でチャラになったんだよ。破産とか整理とかじゃなくて。

どこに意識の焦点が当たってるか自覚する術がないという点で、
マーフィーはやばいと思うんだよね。

逆方向に進んでるのに気付かないほどヤバイことはないって。


569:箱テスト:2008/01/04(金)20:34:05ID:ct2kRPVx0

ああ、なるほどね。感情のナビシステムですね。
そこらはたしかに、マーフィではおもいっきり抜け落ちてる部分ですね。

エイブラハム本ではイメージした際に何が立ちはだかっているのか、
感情的な部分から分析とかしてますけど、マーフィは一切ないですからねえ。
本当に強引に「信じなさい!」ですからねえ。^^;


571:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:37:40ID:jGCIsM0g0

キチガイ的要素が抜けている分マーフィーの方がマシ。
感情の赴くまま行動してよいなら、

風呂嫌いの人間は風呂に入らず生活して幸運になるのか、
気分が乗らなきゃ会社を休んで幸運になるのか。


578:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:42:03ID:9YWO2vDS0

>>571
ちゃんと話す気があるなら、話すよ。
でも、こっちの言い分をいくらいっても無駄なら、会話する気はおきないな。


579:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:43:03ID:jGCIsM0g0

お?なんか意見あるならどうぞ。


585:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:50:28ID:9YWO2vDS0

お。ちょっと話そうか。

感情と本能をごっちゃにしてるような気がするんだよね。
じゃあ俺は性欲のおもむくままにレイプするぜって話がズレてない?
社会とのバランス考えて本能を抑える理性もってるから人間だと思うんだよな。

でも、感情を抑えるのは、それじゃ人間として生まれた意味がないと思うんだよ。
セックスについて楽しい・うれしい・きもちいい・エロいという感情を持つこと自体は、
私はいいと思うよ。


590:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)20:58:05ID:jGCIsM0g0

>>585
感情と本能をどう区別してるんだい?

感情というナビシステムに従って行動しなければならないなら
「風呂に対して嫌悪感、不快感を抱いている。従って臭くなっても1ヶ月風呂に入らない」
「怠惰、抑鬱感に従って、会社をずる休みする」

感情に従うとこうなるが、結局感情は理性で押さえつける事も必要であるという
常識論に納まるのかな?

感情を抑えるのが人間として生まれた意味が無い?
下等生物の間違いじゃないか?感情のまま生きるってw


597:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:07:34ID:9YWO2vDS0

>>590
感情は極端に抑圧すると鬱になるじゃん。でも、本能は抑えられるよ。

それに、LOAの基本ってのは正確に言うと、感情にしたがって思考の微調整をするんだよ。
その結果、行動や信念や周囲の状況がだんだんと変わっていくという。
社会なんてクソくらえで好き勝手にやるべきだとはいってないんだよね。
本を読んでからじゃないと話にならない、とはいわないけどさ。


604:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:16:38ID:jGCIsM0g0

>>597
なぜ一方だけ”極端に抑圧”する例を挙げるんだよ。
どちらも”極端に”抑圧すれば害があるのは当たり前の話だろう。

食欲、睡眠欲、性欲、だって”極端に”抑圧したら病気になったり精神的に害はあります。


605:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:17:33ID:jGCIsM0g0

>>597
感情に従って思考の微調整をするとなると、いやらしい気持ちに従ってどう痴漢するのか。
思考を変換させることも有り得るし、憎しみの感情に従って、いかにして嫌がらせを
実行するかという思考に変換されることも有り得る。

感情なんてものは何の当てにもなら無い。
理屈抜きで本にナビゲーションシステムに従えと書いてあるから
それに従うというのならもう何も言わんよw


614:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:31:19ID:9YWO2vDS0

>>605
あのね、22段階メソッドというのがあって、22の順番にちゃんとしたがっていけば
そういう風にはならんようにできてるんだよ。

憎しみの感情じゃない感情に進むために、ナビゲーションシステムってのはあるわけで、
根本からズレてるんだよ。

読む気はないんだろうから読めとはいわんけど。
けど私がもっと詳しく説明する義理もないなあ。


618:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:35:48ID:/auubMmq0

22段階メソッドはアメージングを読まないと分からないようになっているよな。
あれは、分からないところもある。例えば「復讐」は段階の下の方にあって、
「歓喜」は上の方にある。しかし復讐を実行するという歓喜、っていうのもあり得る
気がするんだ。その辺はどうなんだろうな?


616:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:35:36ID:n6du++l00

>>614
そこ乗っかっていい?
確かに感情を見極めるのは難しいのであてにならないような気もするんだぜ。
実際レイプはダメだぞーってわかっているんだが、映画やドラマで性的暴行シーンが
あったりするとちょっと興奮してしまう自分がいるんだぜ…。orz

感情ナビを極めればこれも収まるもんなのだろうか?


620:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:37:05ID:9YWO2vDS0

いいね。ちょっと話そうか。

ちなみに、語尾がイナセなあなたは、エイブラハム読んだことあるの?
一冊目か三冊目だ。


625:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:40:20ID:n6du++l00

今読んでるのが何冊目なのかは知らないが読んでるんだぜ。
引き寄せの法則エイブラハムとの対話。


633:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:45:22ID:9YWO2vDS0

思わぬところから、まともな議論になってきた気がする。

「復讐を実行する歓喜」は「復讐」だ。だって要は相手を痛い目に合わせたいってことだろ?
「歓喜」はそれ自体の純粋な感情なので、下のレベルに下げて考えようとすると混乱する。

しかし、どっちにしろ、言葉のラべリング自体は実は目安にすぎないんだ。
ドレミファソラシドのように、感情と感情の間にも違う感情があるし、
実は感情の中にもいくつもこまかい感情はある。
でも、そういう日本語自体は、大して重要ではない。

要は、レベル1「愛」に近付くために、今少しでもマシな感情になってるかどうか
確かめるために使えばいいんだ。


636:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:48:21ID:/auubMmq0

>>633
その「愛」っていうのは、わけ隔てなく無条件の愛、いうなればキリスト教で言う
アガペーの愛、だよな?

そうでないと「愛する者のために、愛する者を傷つけた相手に復讐する愛」なんてのが
存在することになる。


638:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:51:40ID:9YWO2vDS0

>>636
うーん、超きれいごとでいえばそうかな。

でも「愛」じゃなくて「感謝」でもいいんだけどね。
概念を無理に言葉にして、それをさらに日本語に翻訳したものだから、
ほんと目安にすぎないんだよ。

やってみればわかるよ。レベルがいくつか進めば、ずいぶん気持ちが楽になるから。
たいていのことは笑って許せるくらいに。


643:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:57:18ID:2yG2Mnhn0

自分に酷いことした人の不幸を想像したり、仕返しの想像をすると
ものすごく幸せになってしまうんだが、これって引き寄せ的にどうなの?
まじで素直に感情に従うとこうなるんだよな。これは駄目?


644:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)21:59:47ID:n6du++l00

>>643
多分自分に酷いことした人が謝罪に来て慰謝料払ってくれるイメージの方が
いいと思うんだぜ。

でも行動さんがレスしてくれると思うからそっちをよく読むんだぜ。


645:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:01:34ID:9YWO2vDS0

>>643
それね、ちょっと「使い方」が間違ってる。
いってることわかるけど、一生そんな自分でいたら、それもつらいじゃん。

だから考えるだけ考えて気がすんだら、次に、もっとマシな自分になれる。
上のキモチイイ感情を目指すのがLOAの本道。


650:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:06:40ID:/auubMmq0

>>645
あのさ、俺はどちらかというと、引き寄せでも他の成功法則やスピ系の開運法でも、
否定されがちなネガティヴな感情にも意味と価値はあるという考えを持っているわけだ。


651:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:11:17ID:9YWO2vDS0

具体的に言うと、レベル18【復讐】17【怒り】とかで
「あいつマジでむかつくよな!ぶっ殺してやりてえ!!」
って思って毎日いるとしんどいから、

考えを微調整して、少しでも楽になる次のレベル16【落胆】に進もうと心がける。
「あいつどうしょうもないな。がっかりだよ。あんな奴もういいよ」

多少、気持ちがラクになる。このままレベルを上げ続けていく。

>>650
ふむふむ。いや、私もその説、わかるよ。NLPやってたからね。


654:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:24:08ID:I0n/4Ea40

>>651
NLPってどうなんですか?実際の所・・・
もし臨床的に効果あるなら認知行動療法みたく
医療でも使われて信憑性あるんだろうと思うんですけど


666:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:35:44ID:9YWO2vDS0

NLPってね、中でとんでもなく細分化されてて、自分に合った方法論を見つけるのが
まず大変なんだ。それができるなら有効だと思うよ。優秀なプラクターとかが近くにいて
アドバイスくれるとかさ。


660:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:31:18ID:mn0NGPEf0

>>654
スレ違い。日本のNLPとかその周辺は玉石混交になってる。
やばいのと組むと人生滅ぼされるよ。構図としてはシークレットも似てるけどね

【構図】
・外国が発祥

・日本には翻訳の形で入ってくるため正統な継承者が皆無。

・結果として発祥元とは異なる異端が横行してしまう。

・発祥元が下火or転向するも、異端の国内勢力は構わず迷走を続け、

収集が付かなくなる。刑事事件などに発展する場合も。


663:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:33:40ID:I0n/4Ea40

ええええ((((;゚д゚)))アワワワワ
NLPってやばいんですか・・・・そういえばドイツで規制されたようなレス
みかけたことあります。


653:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:21:33ID:/auubMmq0

俺はNLPは知らないな。
あとここのスレでよく見た意見に、成功を極めるにはやはり許容することや
愛が必要だと言うことだった。憎んでいたりしてもある程度までは成功するけど、
それ以上は無理だと。

そんなことを書いていた人がいた。同じような考えをする人はこの手の成功法則や
スピ系に興味を持つ人には多いと思う。

だが俺は思う。それなら何故世の中はこんな風なんだろうと。愛や許容することを
身につけた人々だけが成功者になれるなら、世の中はこんな風じゃないはず
じゃないかとね。

で、成功や開運するには、善悪の彼岸というか、人を傷つけないことや愛することが
必ずしもいいことに作用するとは限らない場合があるんじゃないかと思った。
俺は歴史にもいささか興味があるので、なおさらそういうことを思う。


655:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:24:13ID:/auubMmq0

>>653は否定派のようなことを書いたが、そうではない。
だが引き寄せとか開運とか、一定の善悪の基準に従っていればそうなるというものでも
ないという気がするんだ。


この手の理論は皆、最終的にはやはり愛が大切とか言い出すんだが。


662:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:33:24ID:n6du++l00

>>653
エイブラハムも言ってるんだぜ。
引き寄せの法則は悪と呼ばれるものにももちろん平等に作用するらしいんだぜ。


666:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:35:44ID:9YWO2vDS0

>>653
なるほどね。
LOA式の考え方ではないが、あなたの人生に真摯な態度は好きだ。
少しつきあわせてもらおうか。
でも、もうちょっと質問が具体的に絞られるとありがたいんだが。


669:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:43:07ID:/auubMmq0

>>666
う~ん、例えばだな。
今でもそういう面があると思うが、歴史上でも名将と呼ばれた人々は、部下思いで
ある意味人格者である場合が多いんだよ。でもやっていることは人殺し以外の
何者でもない。

でも例えば愛と許しを開運のため大切だと説くマーフィーも、成功者の事例に
アレキサンダー大王やナポレオンを挙げている。

シークレットではそうした武人の事例はない。
だがシークレットを用いて成功したという歴史上の偉人に、ダヴィンチを挙げているが、
彼は自分の才能を鼻にかけていてずいぶん傲慢な性格だったらしい。
ミケランジェロとは犬猿の仲。ミケランジェロもまたプライドが高く傲慢な人物だった。

だが彼らがルネッサンス三大天才と言われる偉人、成功者であることは紛れもない事実。
(ちなみに三大の残りの一人、ラファエロは謙虚で優しい人となりだったらしいが)

愛や許容が成功するために大事と説くエイブラハムの思想から見て
こういうのはどうなんだろうと。


670:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:43:31ID:9YWO2vDS0

答えになるかわからんが。

私の周囲のカネモチ連中(いわゆる世間でいう成功者)にも、傲慢な人は多いよ。
なんでこんな奴が成功してるんだろうなーっていうね。愛のかけらもないかっつう。

でも、ある日ふと思うんだ。
「彼に愛がないっていうのは俺の主観じゃないか?
家に戻ればめちゃくちゃ愛の人なんじゃないか?」ってね。

成功者は誰にでも平等で、完ッッッ璧な愛の人じゃなきゃいけないっていうのは、
べつに宇宙の真理じゃなくて、私の中にある勝手な定義じゃないかと思ったんだよね。

ひょっとすると外の世界や他人ってのは、自分の定義を映し出すための
鏡にすぎないんじゃないかなあ。



672:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)22:51:51ID:/auubMmq0

>>670
レス早!w
なるほど。そういうことか。愛を強く持っていればいいわけで、
それを誰にでも平等に与えなくてもいいということになるんだな。


675:本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金)23:02:06ID:9YWO2vDS0

>>672
先んじて書いてたら、たまたま似通った内容になったんだ。

相手が自分の態度をまったく誤解なく受け取るか、
ということまで考えていたらきりがないからね。

それはもう、なんつーか、相手の問題で。こっちには関係ないというか。
向こうには解釈する自由があるんだから。

自分の精一杯さえやれば、後はいいんじゃないか。
さて、今度こそ、落ちるか。



Sponsored Link