スポンサーサイト
Sponsored Link
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【LOA】ザ・シークレット【引き寄せ】その14 [Part1]
Sponsored Link
呪文考究提唱者 ◆JEoaWKUE2o
だぜタソ ID:Vrwd8Fts0 ID:fLFwSDJD0
長文さん ID:AFNu1kIw0

11 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 10:46:23 ID:wzgRTbED0

スポーツとかの団体戦での勝敗って、そのチームの一人が完璧に勝つイメージが
できていても負ける事あるよね。その一人にとっては勝利を引き寄せられなかった
事になるが、その辺をどう解釈したらいいのかわからなくなった。

12 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 12:34:07 ID:Wk2KlbzC0

>>11
それは良く分からないけど、暗黒期の阪神タイガースで、ここぞという時にダブルプレーや
ポップフライを打ち上げる打者や、ここぞという時にすいこまれるように絶好球を投げる
投手なんかを本当に頻繁に見ることがあったんだけど。

これは熱狂的でありながらも自虐的であり、ネガティブな5万人超の阪神ファンの
「思い」がそうさせているんだと、子供ながらに感じてた。

13 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 13:19:37 ID:Ux7usl5z0

うーん・・・ということは集団の中にいると、一人の思考が完璧でもネガティブな人の
思考に引っ張られる事もあるってことなのかね・・・・

それだと「自分が思った通りの事が起きる」っていう理論がおかしくなってくるよなー。

14 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 13:21:45 ID:ly8U8BRb0

答えは、一つのトロフィーを相争う時の論理のままじゃないか?

15 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 13:24:27 ID:Ux7usl5z0

>>14
それ、知らないかも。どんなの?
ごめんね教えて君でw

16 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 13:54:16 ID:ly8U8BRb0

>>15
一つのトロフィーを争う時は、より強固に引き寄せの力を発揮させた人が
そのトロフィーを手に入れる。

つまり、引き寄せの力は、対立・抵触する限りにおいて、
相対的により強固な引き寄せの力に劣位する。と読める。

そこから推測するに、団体の場合は、団体内部で優性な思考が現実になると思われる。

18 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 14:08:04 ID:5hpswf3j0

エイブラハムだと、1つのトロフィーを「争う」という形になるけれど、ホログラフィック
とか、パレルワールド的な考え方になると、自分(この場合、観客である自分)が
そういう世界を「選択」したということになる。

21 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 15:02:47 ID:B2qKpHt50

絶版の本が今すぐ欲しいのですが、どうやったら手に入れられるのでしょうか?
マスター教えてください。

22 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 15:32:12 ID:ly8U8BRb0

>>21
俺がやった方法

1)正確に何の本が欲しいのか紙に書く
2)その本の置き場所を指定する。
3)その本を手に入れて、その置き場所においてあることに感謝する
4)その本のネットで調べる

これですぐに見つかったよ。それまで1年間以上見つからなかったのにだ。
あの見つからない日々はなんだったのだろうかとw

24 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 16:08:33 ID:B2qKpHt50

>>22
レスありがとう。
1、4はやったけど2,3となると置く場所がないことに気づいたw
掃除してみようと思います。

26 :本当にあった怖い名無し:2008/03/14(金) 16:47:43 ID:ld+1k8zz0

本とかって準備ができた時に手に入るものだなとよく実感します。
置き場所だけでなく自分の知識や状態なんかもね。

32 :前スレ994:2008/03/14(金) 17:24:54 ID:0dyzxvz60

フルネーム呪文を実行中の者です。いつもお世話になります。

例の特定の相手を引き寄せるのには特になんとも解決策が出て来ません。
フルネーム呪文を今日もしていますが、昨日はなんか本当に引き寄せが現実になる感じが
してウキウキだったんですが、今日は一転、漠然とした落ち着きのなさを感じています。
仕事が手につかないほどではありませんが、胸が苦しくて普通ではない感じです。

仕事そのものは今日もうまく行っていますので、この気分の変調がなんなのか計りかねて
います。無意識に唱えられるまでは意識的にということでしたのでそうしていたつもり
ですが、唱え過ぎて過剰ポにでもなってるんでしょうか。

唱え過ぎは良くないなどはありますか?

(この続き)
【呪文式】不安は自信に変わり、高揚は確信へと変わる

57 :本当にあった怖い名無し:2008/03/15(土) 00:39:15 ID:GDNtjgYt0

ふと「手放す」ってことと「諦める」ってことを話してて
うやむやになってたのを思い出したんだぜw

これってとてもよいテーマのひとつだと思うわけだぜ。

(この続き)
「諦める」と「手放す」の違いとは / 波動の周波数について

184 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 00:10:40 ID:xVH6zvMHO

私は大学受験で絶対にダメだろうと思ってた所に受かりました。
先生も無理だって言ってたけど…

引き寄せの法則があるならば落ちてたはず。これはどのように説明できますか?

この法則を否定している訳じゃないです。
信じて実行したら素晴らしい人生になると思う。でもひっかかる所が多々あって…

185 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 00:16:08 ID:KQU9hpFC0

>>184
それオレも気になってた。
You Tubeの創始者が小さい頃、占い師に「おまえは絶対成功しない」とかなんとか
言われてずっと気にしてたけど、大成功した。ということをインタビューで言ってた。
これってどう理解すればいいんだろう。

187 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 00:20:31 ID:Vrwd8Fts0

>>184
まぁ戯言として聞いてくれだぜw
例えば将来こんな風にありたい、という願望があるとするわけだぜ。
すると宇宙はそこに一番たどり着きやすいルートを現実に持ってくるわけだぜ。

そのルートにたまたまその大学を通過するのがちょうどいい、
ということなのかもしれんのだぜ。

逆に第一志望に行けなかった場合も同じだぜ。
結局滑り止めの学校にしか行けなかったことなんて宇宙にはどうでもいいわけだぜ。
その先の願望を現実化する為には、その大学での出会いが必要なのかもしれん訳だぜ。

だからな、どんな場所にいても常に思考に対して最善のルートを通ってる
と考えるのがいいんだぜ。っていうかそれ以外のことは考えない方がいいと思うんだぜ。

常に最善なんだぜ。
それは常にイイコトが起きているということじゃないんだぜ。
思考(願望)に対して最善ということなんだぜ。


だから!
最高の結果を得たければ、周囲に働きかけるんじゃなくて
最高の思考をすればいいのだぜww


204 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 01:14:48 ID:LqYYUHnGO

>>184
まずは…合格オメ!! お祝い申し上げまつ。

自分の解釈だと…『絶対に受からない』と表層意識で思うことにより、
過度のプレッシャーつまり過度ポなどを避け、当初潜在意識にインプットされた
『受かったらいいな』の願望がうまく作動したのではなかろうか。
『手放した』の状態とゆうか。

要するに『まあ受からないだろうが受かったらラッキー』とうまい具合に思えたとゆうか。
あとあなたの心の具合が良かったとか。

逆に『願ったのに叶わない』のはこの逆の現象なのかも。

勝負や結果を気にしすぎると、苦しい葛藤から逃れたいために
(期待してそうならなかったら辛い) 望んでる結果と逆になることを意識しすぎる。
勝負や結果を気にしなくなったのが良かったのでは?

235 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 13:06:02 ID:jb3fT9Aq0

>>184って絶対にダメと思っていたのに
受けた理由は何なんだろう。そこにヒントがあるような。

253 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 21:29:13 ID:xVH6zvMHO

>>184です
レスして下さった方々心からありがとうございます。
第一志望は別の大学でそこに照準合わせて勉強してきました。

その大学を受けたのは記念受験です。
親には受験料無駄にしてごめんって感じでした。

試験の手応えは「意外とできたなぁ。でも受かるわけないよ」この次点でも無理だと
思ってました。合格通知を見たときは信じられなくてとにかくうれしかったです。

先生も親も「マジで!?」っていう反応でした。
ちなみに私の性格は心配性、ネガティブ、自分に自信が無くてひがみっぽい
最低なヤツです。こんな自分を変えたくてこの類の本を読みあさっているんです…

207 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 02:13:15 ID:uggIAj360

流れ読まずにカキコします~
なんだかんだと難しく考えてる人より
さらっと実行してる人の方が願いを叶えてる人多いですよね。

私も色々考えるの面倒になったので、自己流でテキトーにやり始めたら
めっちゃ好転し始めました。高収入の仕事が来たりとか、モテ期w到来とか、
いっろんな面から運が向いてきてるのでちょっとびっくりしてます。

「○○さんの方法教えてください。こうでいいですか」
って聞いて他人のメソッドを一生懸命実行するよりも
(はじめの頃は、私もそういうやり取りを見て参考にしてました)
自分で編み出した(自分が気持ちいい)方法が効くと思いますよ~

263 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 22:35:27 ID:Vrwd8Fts0

才能があって努力をしているのに報われなかったヤツがいる一方で、
特に才能もなく大した努力もしていないのに大繁盛しちまったやつとでは、
あとは何が違うんだろうか?運で解決すればいいのだろうか?

266 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 22:46:35 ID:36ReLKby0

>>263
>才能があって努力をしているのに報われなかったヤツ


簡単簡単、メンタル面が弱いわけだよそいつは。
でもメンタル面を鍛える努力をすれば克服できる場合もあり得るかと。

>特に才能もなく大した努力もしていないのに大繁盛しちまったやつ


・・・・?才能の塊だろそいつは。人前で努力の姿を見せないやつってのもいるしな。

268 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 22:52:10 ID:SKBOIj660

昔、自分にとってはとってもハードルの高い資格試験を受けたときに、
「やれることは何でもやろう!一つ残らずやろう!」って気構えで四六時中勉強
してたんだよね。

そのときは確かに「やらねばならない!」という気持ちのほうが強くて、
半ば義務感のような気持ちがあって苦しくもあったと思うんだけど
(今はあんまり思い出せない)

で、やるだけやって試験が終わったら、あとはどーにでもなーれ(AA略)な気持ちになり、
合格発表の日付も頭から忘れ去られてしまった。正確にいうと、絶対に受からないと
思って諦めて忘れてしまったんだけど…。

ところがね、ある日届いた通知には「合格」の文字が!!! 驚いたね。

LOA的にいえば、「やりつくして、後は天にまかせた、手放せた」ってことなんだろうけど、
そうなると、好きなことに没頭してるからとか、必要に迫られて仕方なく頑張ってたって
ことはあんまり関係なくて、やることやった後(または思いを宇宙に届けた後)の態度
(手放す)ことのほうが重要なのかなーとも思ったりもする。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:05:37 ID:36ReLKby0

>>268
必要にせまられて苦しい気持ちで受からないと思い込んでいても
実際は受かったわけだ。

これは引き寄せの法則には反しているよね。
人事を尽くして天命を待つって言葉には当てはまってるけど。

271 :呪文考究提唱者 ◆JEoaWKUE2o :2008/03/16(日) 22:59:11 ID:x8Pvhbn70

私は、試してもみないうちに「自分には才能がない」と、諦めてはいけないと思います。
以前も触れましたが、私のメソッドの中に「思い込み・成りきり」というのがありまして、
「できるに違いない・成れるに違いない」と思い込むことさえできれば、意外に為しえて
しまうものだと思います。引き寄せとは別で、「ふさわしい自分」と同じ発想です。

バンドレベルの作曲や編曲しか経験のない私が、デジタル機材を目にして
「これは!」という閃きで、シンセ他、デジタルレコーディング機材を買い揃え、
いじくり回しているうちにいくうちに、いつしかトランスに陥って、オーケストラ
アレンジの曲の主要な部分を一気に作り上げてしまった・・・ということを
何度となく経験しています。

舞台芸術用の長編作品を大きなホールで上演できた時の大感激は、
一生の宝物になっています。

273 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:00:23 ID:36ReLKby0

才能ってのは目に見える結果でしか判断できないよ。
そんな君達みたいに内なるパワー・・・神の力が・・・・過剰なポテンシャルが・・・
とかそんなの言ったもん勝ちじゃん。

結果を出せる人間は才能がある。
結果を出せる人間は引き寄せ能力がある。

どっちが常識的な意見?だぜは常識にとらわれる人間じゃないとは思うけども。

275 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:14:13 ID:Vrwd8Fts0

>>273
うーん……言葉遊びにならぬように答えるには難しいのだぜw
なんつーかなあぁ……そうそう、呪文さんが言ってるみたいにね、あきらめの常套句
として才能というコトバを持ち出すのはどうかな、と思うわけなのだぜ。

でな「結果を出せる人間は引き寄せ能力がある」という一文は、そもそも
引き寄せの法則がなんぞやということがわかっとらんと書いてしまう一文なのだぜw

結果はどの瞬間も常に受け取っているのだぜ。
法則には能力も才能も必要ないのだぜ。ただいつも働いているのが法則なのだぜ。
あえて言い換えるとすれば

「意図的な結果を出せる人間は、引き寄せの法則をよく理解している」


とでもしとくのがいいんだぜw
じゃあ才能は不要なのかっていうと、そうじゃなくてな、なんつーかね……
結局才能とは「情熱の量」なんじゃないかと思ってみたりもするわけだぜ。
いや、通用しないのはわかっとるんだぜww

ただな、生まれ持ったものを才能と呼ぶことに違和感を感じるわけだぜ。
いわばそれは「個性」なのだぜ。その個性をくらべっこするから、そこに「求められる結果」
というものが生じてしまうのだと思うわけだぜ。つまりそもそも土俵というもの自体が…ry

278 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:34:06 ID:36ReLKby0

>>275
俺の考えは君とは全く逆だな。
才能という言葉があるのは非常に良いことだと思う。あきらめが悪いことだとも思わない。

よく引き寄せの法則を信じていて何か問題があるのか?という反論がある。
それは、引き寄せの法則さえ理解すれば何でも出来ると、いう万能感を持ってしまう
ことにある。一つの目標を「諦める」ことは、逆に言えば本当に才能のある分野に
素早く移れるということも意味している。

引き寄せの法則さえしっかりマスターすれば何でも出来ると思っている人間は
どうなるだろうか。人生のほとんどの時間を有るか無いかわからない法則のために費やし、
怪しげな本を繰り返し読み続ける不毛な人生となるだろう。

一つの夢にいつまでも拘り続ける可哀想な人生になるだろう。

才能が無いから、という言葉があきらめの常套句として存在しているおかげで、
その人の人生は無数に開けていくのだと思われるが如何だろう。

280 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:36:02 ID:Vrwd8Fts0

結局この世で苦しんどるやつも、喜んどるやつらも、言葉遊びをしているに
過ぎんのかもしれないのだぜwさて、なぜかと言えば、さっきの話に戻るのだぜ。

結果を出せる人間は才能がある。
結果を出せる人間は引き寄せ能力がある。

あえてこう聞かれたらだな、どっちもその通りと答えざるを得ないのだぜww

で、だ。
じゃあ上段を信じとる人の場合、結果を出せなければ「自分には才能がない」と
思うわけだぜ。だが誰かから見れば「いや、お前には才能がある、もう少し頑張れ!」
とか言うわけだぜ。

そのコトバに感化されれば
「そうか、俺には認めてくれる人がいる。才能があるんだ!」

となるし、聞く耳持たなければ
「じゃあなぜ結果が出ない?結果が出ないのは才能がないからなんだ」となるのだぜ。

じゃあ結果が出せなかったことを才能がない、としてみるわけだぜ。
では死んだ後でその作品が認められたら、そいつは死んでから才能が
芽生えたのだろうか?

これを言葉遊びといわずして何と言う?というわけだぜww

282 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:39:57 ID:Vrwd8Fts0

>>278
もちろんだぜ!!
何にしてもだな、それをポジティブな方向に使えればそれでいいのだぜ!

で、誤った「才能」の使い方としてだな、もちろん才能のなさに絶望して人生に
終止符を打つとかいうことも少なからずあるわけなのだぜ。これじゃダメなのだぜ。

おまいのような考え方で「よし、この分野では才能がないな、次いってみよー!」
という風にできるのなら、才能という考え方も大いに採用していいと思うのだぜ!

290 :???:2008/03/16(日) 23:51:16 ID:c4pmaBRI0



292 :呪文考究提唱者 ◆JEoaWKUE2o :2008/03/16(日) 23:54:36 ID:x8Pvhbn70



293 :本当にあった怖い名無し:2008/03/16(日) 23:55:14 ID:Y2J3PAhu0

>>290
最後の2行特に秀逸w

才能あるなしの判定が正確に出来ないから、才能論にはほとんど意味がない。
はるかに努力論のほうが素晴らしい。

301 :???:2008/03/17(月) 00:15:09 ID:+1DT18WM0

>>293
サンキューねー。
才能も努力も他人が判断するための単位のような感じかな。

303 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 00:16:53 ID:2FiuI6/00

>>292
旦~ いただきます

>>293
そうかもね。目にみえる何かが先にありき、みたいな。

306 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 00:20:04 ID:ZcnMazFE0

自分的には

才能ある=勝ち(成功)癖がついて疑いがない状態
才能ない=負け(失敗)癖がついて疑いがある状態

302 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 00:15:32 ID:+9A8uciuO

呪文さんいただきま~すw
願望達成ってさ、最終的には幸せになることだよね。
幸せになるのに才能っているの?

311 :呪文考究提唱者 ◆JEoaWKUE2o :2008/03/17(月) 00:28:21 ID:929OXvqW0

>>302
幸せの尺度は、重要性の向いている方向や、重要度の高い低いで簡単に変化
しますよね。不幸の尺度も、同じように簡単に変化してしまいます。

その尺度を自由に変えられたとしたら、それはひとつの才能だと思います。

329 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 01:12:06 ID:tEynL5+F0

好きなことであっても、それに関連してどうしても避けて通れない「努力」も必要となる。
やりたくないことだってやらなきゃならん場合がある。

そういう努力も一切必要ない、やりたくない、というのが引き寄せ-シークレットだと
いうのなら、そりゃお花畑と言われても仕方あるまい。
LOAの体現が遙か遠くにあるのが一体どちらの側なのか。

332 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 01:27:13 ID:/qTZrwDA0

実際嫌なことは一切やらずに生活しているのってだぜ氏と行動氏くらいだと思われ。
自営業者以外は不可能。学生でも嫌な授業には出ないって選択も出来ないしね。

335 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 01:48:30 ID:/qTZrwDA0

体育が嫌いだからといって体育を避けていては卒業不可となる。
卒業と嫌いな科目が不可分の場合、それを避けても良いというのが
だぜ氏の意見だろうか。

341 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 02:04:27 ID:fLFwSDJD0

ただいまだぜw ちょと出かけてたんだぜw
呪文お茶を飲み損ねた上に何かクマっぽいスタンド使いにも遭遇し損ねたんだぜww

>>335
で、ちょうどいいタイミングで呼ばれてたようなのでお答えするのだぜw

その嫌いな科目だからサボってしまおう、というのはおまいの発想なわけだぜ。
あるいはわしがそう発想するんじゃないかというおまいの発想なわけだぜ。

発想を想定した発想で自分の発想と照らし合わせたりするから何か良からぬことが
起きるのであって、別に比べる必要すらないとわしは思うわけだが、まあそれは
さておき、わしの意見だが……どっちでもいいんだぜww

ただわしだったらな、なぜ体育が嫌いなのかをまず考えるのだぜ。
それこそ運動が苦手なのかもしれんし、虚弱だからなのかもしれんし、
単に汗をかくのがイヤなのかもしれんわけだぜ。

では仮に苦手なのだとしたらな、苦手な体育をやるのがなぜイヤなのかを考えるわけだぜ。
それは自分の運動音痴を誰かが笑うかもしれんわけだぜ。

だったら実は自分が本当にイヤなのは体育じゃなくて、
誰かに自分の不得手なものを笑われるのがイヤだったんだ、とわかるわけだぜ。


そしてここからがスタートラインになるわけだぜ。
ならば自分の望む現実とはどういうもんか、そうか、誰だって不得手なものを笑われたり
侮辱されるのは自分のように嫌なものなんだな、なら自分も不得手なことを一生懸命
やってるやつを笑ったりせず応援するようにしよう、とかなるのだぜ。
そして世界が平和になるのだぜww

342 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 02:06:47 ID:fLFwSDJD0

ちなみに実はわしカナヅチなので高校のときは完璧にプールサボってたんだが
瀕死の成績ながら卒業できたのだぜww

まぁそういう逃げる選択でも別にいいと思うのだぜ。
もっとも今なら別の選択ができるとは思うのだぜw

340 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 01:57:55 ID:AFNu1kIw0

皆さんのお話の中に「才能」に関する記述がありました。
才能は個性だから、他と比べない、ということにヒントをいただきましたね

「才能があるから他人と競わせてみよう」
「自分の才能は、才能のあるヤツの中で何位だろう」
「才能を測ってみるか」

という判断や、尺度にのせてしまったり、さらにそれを職業や人生の必須事項のような
切羽詰まった状況に持ち込んでしまうと、うまく引き寄せが働かない。

けれど、
「自分の才能を喜んで楽しむ」
「自分の才能を活かしてみる」
「なにかに挑戦して自分の才能を試して喜びたい」

そして
「人生の喜びの巾を広げてビックリしたい」
「心から今の時間を喜んで楽しみたい」

これ要するに「遊び」なんだけど、これで非常によく才能が開花するんじゃない?
そして成功を引き寄せるんじゃない?

今までスレ見て来て、引き寄せ法則の活用は軽くなってやる、って言う感じがするし、
これは「わざわざこの世に人が生まれて来て、生病老死も含めて人生を楽しむために
生まれて来た」そういうことを示しているような、そういう如何にも生命らしい、
挑戦して楽しんでこの世で遊ぶ態度。

350 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 02:23:24 ID:tEynL5+F0

オカルト板だからこういう話をするが、思っただけで何でも引き寄せられる、
という状態は死んだ後いくらでも(嫌と言うほど)体験できるんだぜ。

何のために肉体を持って生きているのか、ということ。
ズバリ、葛藤とそれに対する努力を経験するためなんだよ。
そのことによって我々は霊的に進化できる。


肉体を持っている間にしか我々は進化できないし悟りには到達することもできない。
せっかく肉体を持っている状態なのに、死んだあといくらでも出来ることを
持ち込む必要があるのか?ということ。

肉体を持つ、というのは物凄い競争率の中を勝ち抜いてきたってこと。
肉体を所有できるというのは大変なことなんだよ、特にこの時代。
適当な肉体が無くて待機している魂がどれほどいるか。

生きているということの本筋だけは絶対に見失うなよ。
死んでから後悔したって遅すぎるんだぜ。

362 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 02:49:51 ID:AFNu1kIw0

人生を喜んで楽しむ。才能を思う存分遊ぶ。これがコツなんじゃない?

一方で、これが自分の今の義務で仕事desu、やらなきゃならない、
けど努力して頑張ってやる、って思っていることがうまく行かなくても
「引き寄せ法則なんかないじゃん」ってガッカリ思うことはない。

「生存に衣食住の必須で、ポストや立場やアイデンティティの証明に、絶対必要とか」
そんな気概でやってると、引き寄せ失敗してもぜんぜん不思議じゃないのね~、きっと。

○引き寄せ法則の活用っていうか、引き寄せ法則が発動するような、
 楽しい喜びいっぱいのビックリさせられるような遊び

○義務や必要で場合によっては苦しんでやっている暮らしの努力や苦闘

この目標がふたつで焦点が二つなら、並行でやってても別にぜんぜんイイんじゃない?
それに実は「(呪文さんがおっしゃった)ふさわしい自分」を形成するために、
後者の努力時間が、前者の成功を一部、支えていたりする。

(例:アメージングの難関受験の遊びの成功を、第一志望受験の必死の努力が支える)

「引き寄せる才能」とかメタなこと言い出すとアレだけど、要するに子どもみたいに
「なんでもかんでも遊びにしてしまえる才能」がいいし、 大人や学校に
「無理強いされて、いろいろ努力させられちゃう時間も在り」でイイんじゃない?

364 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:02:11 ID:/qTZrwDA0

>>362
いいかもしれない。
遊びの部分とやらなくてはならない部分を分けて考える。二重構造。

こういう考え方だと引き寄せの法則も気軽に実践できるんじゃないかなw
嫌なことから完璧に逃げ続ける生活ってちょっと現実的じゃないでしょう。
幼児期に親に努力させられる期間だって逃れようの無いものだしね。
そんなことないって反論されるかなw

372 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:17:33 ID:AFNu1kIw0

>>364(ID:wだおさんだね)

引き寄せ法則を活用する人は、毎日、椅子に座ってイメージングしてるだけじゃなく
生きて暮らしている。職場に行ったり、夕食の献立考えたりして。

議論してる人は、好きな事だけやってるのかよ、ひたすら想像してて困るんじゃないか?
とか心配してるみたいだけど、まず生きて暮らして、そして引き寄せ活用だよといつも思う。

それに生まれて来た究極の意味を思えば、体を持って経験や挑戦を楽しんで
この世で遊ぼうとして、ここにやってきたと思えば、生存や生活のための素朴な営みも
全部、遊びだと思える。

そう思える様になった人は二つに分ける必要も無くなって行くかも。
ただただ楽しい生活にできるかも。

385 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:47:59 ID:AFNu1kIw0

この世を身体を持って生きて経験して、いろいろ遊ぶ中に、
こういう人間臭い葛藤も遊びのうちに入るんじゃないかなあ・・と
思う時がありますよ。

だって神さまのままだったら(生まれて来ないでいたら)、
人間臭い葛藤はしないです。嫌な感情にハマりこんだり、人の評価に囚われ
たりするのは、神さまはしないですから

368 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:05:53 ID:fLFwSDJD0

勢いで書くからイカンのかなぁ…。
わしのはな「しなければならないことは何もない」理論に基づいているわけなのだぜ。

ここからすれば、当然「努力しなくてもいい」のだぜ。
さらに言えば、禅問答のようなんだが「努力してはいけないこともない」のだぜww
これで伝わるだろうか?

375 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:28:53 ID:/qTZrwDA0

>>368
一切の束縛は存在しない。何やったって自由だ理論ですかね。

努力するのもしないのも自由理論では、二律背反の事例に対応できないかと思いますが。
「学校を卒業しなければいけないがプールでは泳ぎたくない」と言っている人に、
なら学校やめるのも自由、我慢してプールを泳ぐのも自由と言われても、
何も言っていないのと同じかと思われますが。

377 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:31:29 ID:fLFwSDJD0

>>375
よく気がついたのだぜ!
そうなのだぜ、結局わしは何も言っておらんのだぜ!

…ってことでどうかひとつ……

379 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:34:08 ID:/qTZrwDA0

>>377
そうですか、全て自由だから自分で選べってことですかね。
だけど嫌なことをやる方を選んだら変な引き寄せが発生するぜ、
それは自己責任だぜってことですかね。

また勝手に想像するなって言われるかもしれませんが。

380 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:37:02 ID:fLFwSDJD0

>>379
なぜだか知らんが行動さんと話をしているような気になってくるんだぜ…。
でもってホントそれ図星なのかもしれんと思ったのだぜ。結局わしは

「人間てホントは自由よね。なのに社会で勝手に窮屈にしてみたり、その窮屈さを
自分で採用して自分で檻を作って自分で窮屈な思いをしているだけなのかもね。
でもホントはそうじゃなくて本来人間てばホント自由なのよ」

てなことを言いたいだけなのかもしれんのだぜ…。

382 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 03:40:34 ID:/qTZrwDA0

>>380
だけど本当はもっと複雑なこと言ってたんだぜ、随分簡略化された解釈だぜ・・・
当たってる部分もあるけど的なレスに見えたのは私の思い込みでしょうか?w

チャレンジと嫌なことを頑張って乗り越えるの違いだけ教えてもらっても良いですか?
これだけでいいんで。

392 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:12:10 ID:fLFwSDJD0

>382
いやー…根源的な部分では、物事ってのは非常にシンプルなんじゃないかと思うので、
まぁ簡略化するに越したことはないのだぜ…。あとはそのバリエーションなのだぜ…。

で、とりあえずチャレンジと嫌なことを努力するの違いなんだがな、簡単に言えばだな、

チャレンジとは自分の行きたい方向に向かっているということ。
努力とは自分の行きたい方向とちょっと(あるいはかなり)ズレているということ。


なのだぜ。どうだろうか?

395 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:19:35 ID:fLFwSDJD0

でな、個性に優劣などというものはない、と考えるのだぜ。
なのに人間ってば優劣をつけるのがなぜか好きなようなのだぜ。

まぁそれでお互いの個性が尊重し合えるのならいくらでも競えばいいんだがな、
どうしても違う個性を見つけては「お前は俺より劣る。俺はお前より勝る」と言っては
自己確認したがるヤツがいるので困るのだぜ。

そいでさっきから気になってるのが「お前はそうかもしれんが、おーい他の人、
君たちはどうだ?とうていそんな考え方など受け入れられないだろう?」
というような態度なのだぜ。

それってつまり
「世間一般的により多くの人が納得する考え方がより良い(正しい?)ものだ」
と考えているからじゃないかな、とボンヤリと思ったのだぜ。。。

396 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:19:36 ID:/qTZrwDA0

>>392
>チャレンジとは自分の行きたい方向に向かっているということ
>努力とは自分の行きたい方向とちょっと(あるいはかなり)ズレているということ


あ~なんとなくわかりますわ。
だけど、一見強制させられているような努力も頭の中で(これを乗り越えることによって
自分は成長する、あえて挑戦するのも悪くない)とチャレンジに置き換えれば、
何もかも自分の行きたい方向として切り替えられるんじゃないですか?

つまりほとんど全て努力なんてものはおいらには存在しないと。
そういうことだったんでしょうか?

399 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:24:33 ID:fLFwSDJD0

>>396
なんつーかな……今名古屋にいるとするわけだぜ。
で、自分は東京に行きたいわけだぜ。

チャレンジするってのは、東京に向かって東海道を東の方へ歩くということなのだぜ。
努力ってのは西の方に行ってしまう、あるいは東を向きながら後ずさりする感じなのだぜ。

だから西の方に向かってしまうようなことをチャレンジには置き換えられんのだぜ。
それは目標地点を京都に変更するようなものなのだぜ。

また例えがわかりにくいとか言うんじゃないんだぜ。

402 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:31:14 ID:fLFwSDJD0

泳げなければ浮き輪を使えばいいのだぜ。
だが浮き輪を使うなと強制されては、そりゃあ楽しくないのだぜw

で、まぁ今はそのカナヅチでも困ってはいないわけなのだぜ。
だがふと、次の目標地点を海の中に定めたくなるかもしれんわけなのだぜ。
例えばスピリチュアル系にありがちな「イルカと一緒に泳ぎたい!」みたいなのだぜww
そしたらわしはそこで泳ぎの練習を始めるわけだぜ。

今度は目標地点が変わったから、今まで努力だったことがチャレンジになるわけなのだぜ。
それまでのわしは、目標地点が陸上にあったので、泳ぎの練習は努力になっていた、
とまあこんな感じでどうだろうか?

404 :本当にあった怖い名無し:2008/03/17(月) 04:35:51 ID:fLFwSDJD0

てなこと書いてたらだな、まぁ器用なやつなら目標地点を上手い具合に複数定めたり、
全ての地点を通って目標地点にたどり着こうとすることもできるかもしれん、と
思ってみたのだぜ。そしたら>>396のことも、まぁ可能なのかもしれんのだぜw

でもそれってば、名古屋から京都に行って、日本海側まで出て中山道通って東京まで
戻ってくる感じなのかもしれんのだぜ。もちろんそれだけ得るものも沢山あるのだろうが、
まぁスムーズではない、ということなのだぜw


                            スポンサードリンク


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。